ツキイチ投資家の超ヒマヒマとれ〜ど
専業トレーダー時代にEAと出逢い、本職SEプログラマとして社会復帰した、異色の経歴を持つロスジェネ世代の元和食料理人


しっかり稼いで
しっかり納税
ふるさと納税
上限額早見表
投資家の英知をすべての人に。GogoJungleEA・インジ・
サヤ取り公開中!!
哲学③ 正規と非正規
前回 [ 哲学② 平等と公平 ] より
最近よく正規と非正規の待遇格差が取り沙汰されています。

しかしこれが本当に格差なのかと言えば疑問に感じる点が多々あります。


ちなみに私は過去には正規雇用の正社員として働いていましたが、現在は非正規の派遣です。

業種や会社そのものによっても違いますが、正規の方が福利厚生は良くとも労働時間が長くなりやすく、非正規に比べて収入は高くても時給換算では劣る事が多かったりします。


正規にも非正規にもそれぞれメリットもあればデメリットもあり、自分にとって最善なものを選択するべきだと思います。

私は時間や人間関係に制約のない非正規のメリットが非常に大きいため、こちらを選んでいます。


一方で、自らの意思で非正規を選んだわけでなく、正規になれず選択肢がないからやむを得ず非正規であるというのは、選ばれるだけの価値を生み出していないからです。

それを他人や社会のせいに責任転嫁して、被害者ぶるのは明らかに筋違いですね。

そういった人達に限って、同一労働でもないのに「同一賃金にしろ」と一方的に主張したりもしています。


大事なのは、正規か非正規かを選べるだけの貢献を先に行い、自分にとってメリットの高い方を活用すべきですね。
[ 哲学④ 時間の価値 ] へ続く

本日もご来訪ありがとうございます。
今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いします。

     

励みになりますので、ポチッと応援お願いします。

▲ TOPへ